« F1イギリスGP | Main | F1ハンガリーGP »

July 25, 2005

F1ドイツGP

マクラーレン、ライコネン選手の毎戦おなじみになってきたトラブルが
今度は決勝中に出てしまったようです。止まってしまうまでの速さと
予選で失敗して最下位近くからのスタートのモントーヤ選手が2位までの19台抜きをみても
速さだけなら別クラスでもなかなかまとめていくことができないようで…

同じ様に佐藤琢磨選手も1周目での接触>ピットインと毎度おなじみの展開
サバイバル能力も重要な技術なので少し落ち着きを取り戻してほしいものです。

フェラーリのシューマッハ選手は攻めすぎたタイヤに苦しんでいましたが
ラストでの4位攻防戦はさすがに見応えがありました。あの高いモチベーションはすごい

|

« F1イギリスGP | Main | F1ハンガリーGP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89494/5146966

Listed below are links to weblogs that reference F1ドイツGP:

« F1イギリスGP | Main | F1ハンガリーGP »