« F-N鈴鹿 第5戦 | Main | F1ドイツGP »

July 11, 2005

F1イギリスGP

一時はテロの影響でどうなるかと思ったイギリスGP、結果はモントーヤの久々の優勝を見られました。
1度目のピットインの直前、クルサードとビルヌーブのバトルに引っかかった瞬間に
ピットインを決断したことが最終的に僅かな差になっていました。
これでチームはカナダグランプリの分まで信頼を取り戻したような気がします。

ライコネンはまたエンジン交換ペナルティーによる予選降格でしたが、これも異次元の速さ&フィジケラのエンジンストールではねのけて3位表彰台をゲット

佐藤琢磨はまさかのスタート直前にミスからストップしてしまい、レースを落としてしまいました。
ここ数戦はBAR、トヨタはその他大勢組に入ってしまっているようですね;

|

« F-N鈴鹿 第5戦 | Main | F1ドイツGP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89494/4928938

Listed below are links to weblogs that reference F1イギリスGP:

« F-N鈴鹿 第5戦 | Main | F1ドイツGP »