« F1ベルギーGP | Main | F1日本GP »

September 26, 2005

F1ブラジルGP

遂にアロンソの最年少チャンピオンが決定しました。
今回も速さでは一歩届かず中盤まではTVにもあまり映らなくなってしまうなど、
やはり主役はマクラーレンに奪われてしまったような感じでした。
とはいえ、ライコネンも戦略orタンク容量の都合で1位のモントーヤには届かず
自力で表彰台を死守しての立派な戦績だったと思います。

しかしルノーはフィジケラが今回も援護することがでませんでした。
今季は開幕戦以外はパッとした所が無く、それどころか十分な役割も果たせていなかったと思います。
いくらフラビオのマネージメントドライバーとはいえ、ドライバー変更も考えた方がいいのでは?

BARはバトンがポイントを獲得しましたが、いつものようにレースペースが上がらず
じりじりと後退していく姿だけが目につきました。
琢磨はほぼ最後尾からの追い上げとはいえ、ペース的にもバトンを上回っていたようで
来期のシート確保のためにも、この調子でまた鈴鹿での好成績を期待したいです。

|

« F1ベルギーGP | Main | F1日本GP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89494/6129608

Listed below are links to weblogs that reference F1ブラジルGP:

« F1ベルギーGP | Main | F1日本GP »