« F1イタリアGP | Main | F1ブラジルGP »

September 12, 2005

F1ベルギーGP

伝統のスパウェザーに翻弄されたベルギーGPでしたが、
今回のアロンソのチャンピオン決定はライコネンの速さでなんとか阻止

珍しく?マクラーレンもトラブルなしで行けるのかな?と期待させておいて
最後にまたモントーヤが周回遅れのピッツォニアと接触クラッシュでリタイア
解説の森脇さんも「今日のマクラーレンは完璧」とほめていたのに完璧に決めることはできず…

ラルフもスゴく惜しかったですね。トヨタの優勝も薄らと見えてきたようで
もう少し戦略的に余裕を持てるようになれば、全く夢ではないと思います

おまけに琢磨も最初からペースの上がらないバトンを抜いて
表彰台も見えるペースで走れていると思っていたら
タイヤギャンブルに負けてよけいなピットイン、そしてM.シューマッハに追突クラッシュしてしまい
なんと次戦での10グリッド降格決定といよいよ来期に暗雲が立ちこめてきた感じ…
レース前半調子のでなかったバトンが表彰台に上ったことを見ても十分可能性があったはずなのに

|

« F1イタリアGP | Main | F1ブラジルGP »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89494/5908530

Listed below are links to weblogs that reference F1ベルギーGP:

» 2005年F1世界選手権シリーズ第16戦ベルギーGP 決勝 [俺的ライフスタイル]
今回の総合ランキングは? ヨーロッパ・ラウンド最終戦となるベルギーGPの決勝を迎えた。サーキット・ド・スパ-フランコルシャンの天候は曇り、厚い雲と霧に覆われた上空からは、いつ雨が降り出してもおかしくない空模様。また午前中に降った雨の影響により路面が濡れている..... [Read More]

Tracked on September 14, 2005 at 03:07 PM

» 呪われた マクラーレン [ひとりの独り言]
F1ベルギーGPは濡れた路面で水しぶきを上げながらスタートした。 マクラーンはまたしても1台がトラブルに見舞われた。 1−2体制でフィニッシュへと向かっていたが、残り4周のところでモントーヤが周回遅れながらドライタイヤに履き替え、ラップを上げていたピッツォニアに接触されクラッシュ。 スパウェットは波乱のレースだった。波乱の始まりは10周目にフィジケラがオールジュでスピンしてクラッシュ。 セーティ�... [Read More]

Tracked on September 14, 2005 at 04:39 PM

» ミハエル「ハラキリ行為に巻き込まれた」と琢磨を非難 ってお前が言えた義理か [FAZZ日記]
選挙速報見ててやってることに全く気がついていなかったんですが、なにやら揉めてます。 [Read More]

Tracked on September 14, 2005 at 05:49 PM

« F1イタリアGP | Main | F1ブラジルGP »