« September 2005 | Main | July 2006 »

October 24, 2005

F-Nもてぎ 第8戦

フォーミュラ ニッポン第8戦もてぎで本山選手がチャンピオンを決定しました。
おめでとうございます。

いつものようにスタートから気の抜けない展開でした。
序盤ロッテラー選手が本山選手を追いつめるかと思いきや、なんと自滅スピン
続いて同じPIAAの小暮選手が後方から燃料が軽い状態でゴボウ抜き
2位にまで上がりますが2ピット作戦で後退してしまいました。

しかし、抜き方はクリーンで安定しているように見えました。
予選での速さが戻ってくれば無理な作戦をせずに勝負ができるようになると思います。

チャンピオンの権利を残していた井出選手とライアン選手が軽い接触をして
その後井出選手が追い上げたもの3位に届かなかったため
本山選手が楽になるかと思いましたが
山本左近選手がファステストラップを更新しながら追ってきたため
安心はできませんでしたが、それも届かず

山本選手も後半戦に来て安定してきましたようですね。
やはりF1のサードドライバー経験などが自信につながってるのでしょうか?

インパルに戻った本山選手が王座復活して強さを取り戻しましたが
服部選手のフォーミュラ引退発表など世代交代が始まっているのかもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2005

F1中国GP(最終戦)

アロンソが王者らしい速さを見せつけてくれました
…でもあれだけの速さがあるなら、あそこまで露骨にフィジケラにスロー走行させなくてもよかったのに

モントーヤが消えてしまった時点でコンストラクターズ争いもほとんど決着がついてしまって
ライコネンが追い上げていた時もアロンソは多少流して走っていたでしょうから
実際のところ、どれくらいの差があるものなのかみてみたかったなぁ

TV中継的にも後半の盛り上げ役はウェーバーになってましたね
実際見ていて面白かった。ウィリアムズも開幕頃は景気が良かったのに
中盤以降はニュース的にも成績的にも悲惨だったので露出度が多くてよかったでしょうね

いよいよオフシーズンに入って琢磨の来年もどうなることやら…

| | Comments (0) | TrackBack (2)

October 10, 2005

F1日本GP

残念ながら予選5位につけていた琢磨が1周目の1コーナー過ぎでコースアウトしてしまったため
「これは思いっきり消化試合になっちゃったかな…」と気合いが抜け気味になったけど、
ルノーVSライコネンの争いがあまりにも激しすぎてそんなことを忘れてしまうほど面白いレースでした。
アロンソも負けず劣らずに速さを見せてくれたもののクリエンを抜く時のブレーキミスが響いて
珍しい後退劇を見せることになってしまいました。
ピットタイミングも微妙にミスってたような気がします。

ライコネンはいつものエンジン交換から17位スタートでしたが、
アクシデントや燃料を積んでの長いスティントを利用してじわじわと順位を上げて
最後の給油ピットした時はもうだめかと思いましたが、
その後のフィジケラとのバトルは素晴らしいの一言
最終ラップの1コーナーでのオーバーテイクは凄かったです。
あれだけ近づいても姿勢を乱さないのはマシンが凄いのかドライバーが凄いのか…
あれを見せつけられるとトヨタ、BARなどとはあまりに次元が違うなぁ…と思ってしまいました。
正直見ている自分の方が残り3周ぐらいであきらめていたので
ライコネンのあきらめない強い気持ちはもの凄いですね。
来年あたりはトラブルのないマシンで完全勝利するぐらいのものを期待してしまいます。

トヨタやBARもバトン、トゥルーリというレベルではなく
アロンソ、ライコネンというレベルを揃えないと勝負にならないでしょうね。

| | Comments (0) | TrackBack (6)

« September 2005 | Main | July 2006 »