« F-Nもてぎ 第8戦 | Main | AUTO SPORT 8/10 NO.1075 index »

July 27, 2006

AUTO SPORT No.1074 2006. 8.3





AUTO SPORT No.1074 2006. 8.3


AUTO SPORT No.1074 2006. 8.3
index




リアを進化させたスーパーアグリF1のニューマシン

SA06シェイクダウン

待ってろ! ミッドランド!!スーパーアグリF1待望のニューマシン



2006年スーパーGT第5戦スポーツラン
ドSUGO


GT速報

GT500: 昨年の王者がいよいよ反撃開始、ZENTが劇的逆転優勝

必勝戦 エース同士の限界バトル

本山哲(FAIRLADY Z)vs 立川祐路(LEXUS SC430)のエース対決はラスト9周の最終コーナーで決着!

GT300: 最終ラップ最終コーナーでGT300トップ4が一団に!必死の防衛で吉兆宝山がV



フォーミュラ育ち:蜜山祥吾×ドリフト出身:谷口信輝

微妙で絶妙なコンビネーション

前半戦を終えてGT300ランキングトップ快走中コンビ対談



GTワークスマシンの”快適装備”とは?

機能≧快適性

夏はこの違いが勝負を決める!?

ドライバーの不平不満が反映されて、マシンは快適により速くなる



ピーター・ウインザーF1インサイド・レ
ビュー/第11戦フランスGP


タイヤ戦略を洗い流した金曜日の雨



ユーロF3参戦
中嶋一貴×平手晃平×小林可夢偉シーズン中間対談


F1に乗るのはオレだ

トヨタF1を目指し奮闘するTDP三銃士が前半戦を振り返る



9月開催
ラリージャパン・プレビュー 


ラリージャパンを戦う”男”たちの現在

今こそ、北の大地を攻めろ!

ペター・ソルベルグ「休息充分。反撃開始」

新井敏弘の新たなる挑戦

日本人トップラリースト・ドライビング分析

WRCの未来をめぐるドタバタ劇

前哨戦ラリー北海道レポート




第13回十勝24時間レース

未成熟の可能性と成熟の強さ

話題の車両も続々参戦した今年の十勝は“本命たち”が圧勝



ASジムカーナゾーン

雨のイオックス AP2待望の初勝利!!



AUTOSPORT web







完全版はお預けになってしまったもののいよいよSA06の登場

F1 MODELINGで見た限り、フロントロワアーム支持部は完全に外れる構造みたいなので

V字キールにできそうに見えるけど…

F1下位チーム&メカ マニアには堪らない焦らし作戦



十勝24時間に出走したLEXUS GS450hも準備不足を乗り越えて完走

年内に他に出走できそうなレースがないのが残念…熟成させてほしい



個人的にハマってるASジムカーナゾーンですが

山野哲也選手の新型S2000が今季初優勝、まだドライでは厳しいようですが頑張って欲しいです



|

« F-Nもてぎ 第8戦 | Main | AUTO SPORT 8/10 NO.1075 index »

Comments

This is very interesting, You're a very skilled blogger. I've joined your rss feed and look forward to seeking more of your wonderful post. Also, I have shared your website in my social networks!

Posted by: Carey | July 03, 2015 at 03:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89494/11118756

Listed below are links to weblogs that reference AUTO SPORT No.1074 2006. 8.3:

» 中古車検索・中古バイク検索情報 [car-bike.jp]
中古車を探すならcar-bike.jp 業者様も募集中 [Read More]

Tracked on July 28, 2006 at 04:48 PM

« F-Nもてぎ 第8戦 | Main | AUTO SPORT 8/10 NO.1075 index »