« July 2006 | Main

August 12, 2006

【AUTO SPORT】8/17&24合併号(NO.1076) index

【AUTO SPORT】8/17&24合併号(NO.1076) 2006.08.06



2006年F1世界選手権第13戦

ハンガリーGP速報

特集ハンガリーGPホンダ第3期初勝利F1表彰台に君が代

ウイナー-J・バトン114戦目の初優勝「最高の日だ! 14番手から勝てるなんて信じられない」

ハイライト-FIAの陰謀もかなわなかった!? アロンソ&ミハエルの消耗戦

レースリポート-ハンガロリンクに響いた君が代、バトンのホンダの悲願結実!

-君が代に「泣いちゃうね、あれ」ホンダ首脳陣

-体制変更が早くも奏効。完璧だったタイヤ&戦略

-ウエットにバトンのドライビングが光る

-アロンソvsミハエル壮絶バトルの結末

今宮純のコースサイドチェック「ドライセッションではトヨタの好調ぶりに目を奪われた」

琢磨&左近-琢磨:荒れたレースを粘り強く新車で初完走/左近「次こそは1コーナーを回りたい」

ヘッドライン-仰天! ブルツのレギュラー起用はトヨタ、第2チーム計画の序章!?

会見からの主義主張-マス・ダンパーを禁止したいFIAとスチュワードとの争いは兄弟喧嘩?



ルノー突然の失速原因を探る

技術検証”マス・ダンパー”

ドイツGPで実質使用禁止、アロンソの連覇がピンチに!?



ハンガリーGPでF1デビュー

ロバート・クビカの人物像に迫る



ピーター・ウインザーF1インサイドレビュー/
第12戦ドイツGP


ブレーキとステアリングとアクセル

最高峰がみせた極上のハーモニー

 

第35回インターナショナル
ポッカ1000km


夏だ! 花火だ!! いざ伝統の鈴鹿1000km

基礎知識&戦略編:今年の鈴鹿1000kmはもう耐久ではない! スプリントレースだ

ハードウェア編:各チームが試行錯誤する、ブレーキ、照明、暑さ対策

2006シリーズの天王山:鈴鹿1000kmで見えてくる今季のチャンピオン候補たち

「オレたちも1000km先が読めない!?」土屋圭一がメーカーからの期待を背負う3人に迫る

「BSドライバーの秘密、バラします」BSタイヤ開発スタッフが語るドライバーの仕事ぶり

3人のインプレッサスペシャリストが語る、スーパーGT  AWDインプの潜在能力



チーム監督が語る夏の陣06

ホンダ・レーシング/セルモ/トムス/ニスモ/チーム国光

インパル/クラフト/ルマン/サード/エンドレス/ノバ



IRL 2006 FINAL!

最強の”赤”
はどいつだ?


トップ4の戦力と勝ち・負けパターンを徹底分析!



FORMULA NIPPON ROUND
5 AUTOPOLIS-激場


九州初上陸でみえた FNサバイバルの魅力

未知への模索と挑戦は、過酷かつ魅力的なレースを生み出した

6年の鬱憤を晴らす快走で優勝、松田次生が覇権
争いに勝ち名乗り!


-チームINPUL内王座争い激化



大嶋和也がWポールを獲得し復活のV、R.スト
レイトも盤石のマシンセットで今季2勝目


全日本F3選手権第11・12戦オートポリス



ピット戦略が見事的中!
RSオガワADVANランサーが2年ぶりの勝利


スーパー耐久シリーズ第4戦富士スピードウェイ

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2006

ヒルクライム

イギリスやフランスなどで昔からヒルクライム競技が盛んなのは知っていて
型落ちのラリーカーなどが走っているようだから一度見てみたいなぁ、ぐらいには思っていたのですが
偶然”Youtube”で最近の動画をみてビックリ、衝撃を受けました。
その動画の中ではなんと、型落ちのレイナード/無限のF3000が映っていたのです。
映っていたロゴを頼りにサイトを探してみるとフランス国内選手権のようで(他にヨーロッパ選手権もあるようです)
他にも、オゼーラF3000、F-3、F-4クラスのフォーミュラ、ローカルプロトスポーツ、ラリーカー、市販スポーツカーなどが峠道を走っていました。
それをみるとサーキットでバンプがどうのとか言ってるのは別次元の話のようで…

051_olivier_1

リンク先サイトのVideoコーナーでは結構きれいな動画を見られるのでよかったらどうぞ
http://www.chevallier-competition.com/php/news.php

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2006

AUTO SPORT 8/10 NO.1075 index

AUTO SPORT 8/10 NO.1075 index



山本左近&新車SA06ドイツGPでF1レースデビュー!

“自然体”で
戦い抜いた3日間


波乱万丈のレースデビューとなってしまった山本左近だが、焦りや後悔はない



2006年F1世界選手権第12戦

ドイツGP速報

琢磨&亜久里-決勝のスピード不足に悩まされるも飛躍的な進歩を実感させたSA06

ウィナー-M.シューマッハー「すべてが完璧だった。残り6戦、全力を尽くして頑張るよ!」

ハイライト-マス・ダンパーの使用禁止でルノー大苦戦、MIユーザー内で地位低下の危機!?

レースリポート-逆転王座に価値ある勝利!! ミハエル3連勝で、その差11点に

今宮純のコースサイドチェック「F1レギュラーへの扉を押し開いた山本左近』

会見からの主義主張-好調ぶりを語るのは雄弁なミハエルだが、引退問題には口を閉ざす



新組織のカギを握る中本修平シニア・エンジニアリングディレクターに話を聞く

100%ホンダ本格始動。

ホンダ復活のカギを握る男は、どうやってチームを改革していくつもりなのか?



ルノー離反でさらに混沌模様の2008年エンジン凍結問題

F1エンジンよ、どこへ行く?

GPMAからルノーが離反、エンジン開発凍結案はどんな結末を迎えるのだろうか



SUPER GT合同テストリポートinツインリンクもてぎ

抜け出すのはどこだ? 06シーズン後半戦に突入

もてぎに強いNSXが下馬評通り上位独占、鈴鹿1000kmに向け助っ人もドライブ



スーパーGT後半戦に向け、ニッサン陣営が着々と反撃体制を整えた!

Z反攻計画、進行中

チーム首脳陣と開発責任者を直撃!



スーパーGT第5戦スポーツランドSUGO

土屋圭市的レース分析 - もしもオレが本山の立場だったら

The Analysis of Battle - エースの意地。総力戦



雨に泣き、雨に笑ったフォーミュラ・ニッポン前半戦をチーム監督12人が自ら採点

後半戦への”赤点対策&
rdquo;


Fニッポン初開催コースをエンジニアはどう攻める オートポリス攻略シミュレーション



BP Ultimate Masters直前プレビュー:日本からユーロ、そして世界へ!

TDP三銃士「世界戦」タイトル奪取の条件

 

---
ルノー不調の原因とされているマス・ダンパーっていうのは旧DTM時代のメルセデスCクラスについていたあれみたいなものなのかな? F1マシンのどのあたりについているのか見てみたい

SUPER GT SUGOのエースバトルは最近では1番の名バトルにでした
あれだけ後ろに張り付かれ続けてると本山選手の精神消耗は想像を絶するでしょうね

| | Comments (0) | TrackBack (3)

« July 2006 | Main